マイトリ

マイトリ公式instaglam

Supporters Report

北海道

帰ってからもトキメク北海道のお土産

帰ってからもトキメク北海道のお土産

お土産買うのって楽しいですよね。

友だちの分はトキメキのおすそわけ、自分の分はトキメキの反芻

ということで、今回は北海道のトキメキがいっぱいのお土産をご紹介します!

※画像はイメージです。※2018年7月4日現在の情報です。
※掲載している情報は変更となる場合がございます。あらかじめご了承願います。

【1】最古の製法で手作りされた石鹸「SAVON de SIESTA」

1か月以上かけてじっくり熟成されるという手作り石鹸、というだけでちょっと気になりますよね。

熱を加えない製法のため、保湿成分のグリセリンが除かれないため保湿性に優れ、

洗いあがりの肌がつっぱらず潤おうのだとか。



人気No.1は北海道十勝産のアズキを使用した「アズキ石鹸」。

アズキに含まれるサポニンが毛穴の汚れを落としてつるりとしたお肌に仕上げてくれます。

洗顔だけではなく、ボディや洗髪もこれ1個でOKだそうです!

(石鹸での洗髪後は専用のリンスがおススメのようです)



雪の結晶の形をした紙石鹸「初雪」。

こちらは北海道限定販売なので、友達のお土産にいいかも!



 

 SAVON de SIESTA(直営店)

 北海道札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1F
 TEL:011-206-0710

 

【2】4万年前に思いをはせるアロマストーン「かおるいえ」


手のひらでコロンと包み込めるかわいらしいおうちは、

アロマストーンの「かおるいえ」。

なんと!4万年前の火砕流でできた軟石という素材でできているそうです。

軟石はかつて、北海道で家の素材に使われていた、

ということから家の形の「かおるいえ」が生まれたのだとか。



軟石は吸水性の高い素材で、アロマをゆっくりと揮発させるため2~3日は優しい香りが続くそうです。


「かおるいえ」にどことなく似たショップのほか、

千歳空港の「クラフトスタジオ」や函館空港の「函と館」でも購入できるそうです

 軟石や

 札幌市南区石山1条2丁目9-22

 

【3】札幌の原風景を表現したキャンドル「フロストピラー」

ひとめ見た瞬間、欲しくなるキャンドル!

キャンドル作家の福井優子さんの生まれ育った札幌の豊かな自然と美しい冬が表現されているそうです。

frost=霜」「pillar=柱」をつなげてネーミングされたフロストピラーは、優雅で繊細。

すすが少なく、ほとんどロウだれせずに約6時間安定して燃焼するそうです。

涼しげな佇まいは、持って帰ってずっと見つめていたい!


フロストフラワーは、水に浮かべて楽しむことができるタイプ。

水の揺れとキャンドルの灯かりでぼんやり過ごすと、疲れをリセットできそう。


このキャンドルが買える札幌スタイルショップのもう一つの人気者が。

コロコロした形がカワイイ「ふわふわラムキン」。

札幌の羊ケ丘に浮かぶ羊毛をイメージしたそう。

フェルトは北海道産の羊毛が使われています。


 

 札幌スタイルショップ

 札幌市中央区北5条西2丁目5 JRタワーイースト6階(展望室エントランス)

 TEL:011-209-5501

 

【4】カッコカワイイ「サムライ煎兵衛」

そのパッケージに一目ぼれ

なんでサムライ?頭の中にハテナが飛び交う。

名前もパッケージも印象的な「サムライ煎兵衛」


でも、このおせんべい、見かけ倒しじゃないんです。

北海道米を100%使って、じっくり焼き上げたもの。


ゆめぴりかというお米を使ったおせんべいはしっかり・かた焼き

ふっくりんこというカワイイ名前のお米を使ったものは、あっさりうす焼き

おぼろづきという色気のある名前のお米を使ったものは、ざくざく・あらごし

どれもパリッとおいしい♡


すごく気になる「サムライ」の由来は……

あるときお侍さんが、団子屋のおばあさんに

「団子を平らにつぶして焼いてはどうか」と提案し生まれたのだとか。

お侍さんの心意気で作られる「サムライ煎兵衛」、お土産にぴったり!

 サムライ煎兵衛

 北海道札幌市中央区南2条西25丁目1-18
TEL:011-618-0550

 

【5】あの「白い恋人」から「恋するチョコレート」

2018年1月にデビューしたばかりの「恋するチョコレート」。

北海道のお土産の定番「白い恋人」のチョコレートをベースに、

シンプルナチュラルなチョコレートが登場したそうです。

その名も「恋するチョコレート」!

インターナショナルチョコレートアワード世界大会で銀賞を受賞するなど、その実力も折り紙つき!


シンプルなパッケージが期待を高めてくれます!


「とうきび」は、白い恋人のブラックミルクチョコレートをベースに

北海道美瑛産とうきびがぎっしり

フリーズドライならではのコーンの自然なうまみや粒感が味わえます。


このほか、「北海道贅沢ミルクチョコレートと塩」、「小豆と碾茶(てんちゃ)」、「さくら」など

恋してしまいそうなチョコレートがラインアップ。

恋する友達のお土産にしようかなー♡

 白い恋人パーク

 北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36
 TEL:011-666-1481

 

 

 

 久保田裕美(ライター)

 文学とキャンプと自転車(初心者)が日常のほとんどを占める。

 歩き遍路(四国八十八か所)の結願が当面の夢。

 


 

 

top