マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report kanazawa

金沢

夏の金沢観光とセットで訪れたい!地元で人気のフォトジェニックカフェ

夏の金沢観光とセットで訪れたい!地元で人気のフォトジェニックカフェ

金沢旅行を計画している女性の中には、「金沢の王道観光スポットも行きたいけどインスタ映えするオシャレなお店にも行きたい!」と思う人もいるのではないでしょうか。

金沢には日本ならではの景色を楽しめる観光スポットも多いですが、実はフォトジェニックなカフェもたくさんあります。

今日は地元で人気のフォトジェニックカフェを3つ紹介しますので、金沢へ遊びに行く予定がある人はぜひ参考にしてみてください。

【1】アメリカンなお店「STAND BY CORNER」

 

最初に紹介するのは、グリルチーズサンドイッチスタンド「STAND BY CORNER(スタンドバイコーナー)」。

その名の通り、グリルチーズサンドイッチが看板メニューのお店です。

 

 

チーズ好きだけでなく、オシャレな若者にも人気のある「スタンドバイコーナー」。

人気の理由は、映えるドリンクや雑貨、そしてさまざまなフォトスポットです。

「スタンドバイコーナー」さんには、思わず写真を撮りたくなるスポットがたくさんあります。

 

 

オリジナルのドリンクメニューがあることも、魅力の1つです。

中でも、自家製のレモネードやクリームソーダ、ミルクシェイクは夏にぴったりで、ビタミンカラーがとっても爽やか!

 

 

ほぼ全てのメニューがテイクアウトできるので、天気の良い日は青空をバックにドリンクと記念撮影するのも楽しそうですね♪

(※デザートはテイクアウト不可)

夏らしく、緑を背景にして撮るのもオススメです!

 

 

ん〜まさにフォトジェニック♡

デザートはもちろん、コーヒーや紅茶、カフェラテやミルクティーといったソーダ以外のドリンクもあります。

スタンドバイコーナーに訪れるなら、季節限定のドリンクメニューも要チェックです。

 

 

スタンドバイコーナーでは、お酒も楽しめます。昼間からお酒を飲むなんて、まさに旅行ならではの楽しみ方ですね♪

ビールやサワーだけでなくカクテルも置いてありますので、お酒があまり得意じゃない女性でも気軽に楽しめます。

 

 

夕方以降は、お酒に合うお食事メニューも登場!お酒とおつまみ、どちらもテイクアウトOKです。

 

 

STAND BY CORNERは、金沢21世紀美術館から徒歩5分ほどの場所にあります。金沢駅からは、バスを使って約15分。

最寄りのバス停は、「香林坊1・3」です。

観光スポットをひと通り回ったら、ランチやお酒を楽しみながらひと休みしてみてはいかがでしょうか。

 


基本情報

店名:STAND BY CORNER(スタンドバイコーナー)

住所:石川県金沢市柿木畠4-14

▶︎お店の情報はこちらから


 

【2】朝食やランチにも◎「ハム&ゴー香林坊アトリオ店」

 

続いて紹介するフォトジェニックカフェは、「ハム&ゴー香林坊(こうりんぼう)アトリオ店」です。

ハム&ゴーのコンセプトは、「ちょっと素敵な暇つぶし」。

オシャレな雰囲気の店内には、オリジナル雑貨や本、文房具などが展示してあり、いずれも購入できます。

 

 

「ハム&ゴー」は石川県内に全部で3店舗ありますが、エスプレッソマシンがあるのは香林坊アトリオ店のみ。

フォトジェニックなスイーツはもちろんのこと、香林坊アトリオ店なら本格的なコーヒーも楽しめます。

暑い季節にピッタリのほろ苦い「コーヒーゼリー」は、リピーター増殖中の夏季限定メニューです。甘いものが苦手な女子にもピッタリ!

 

 

不定期に登場する期間限定のスムージーやソフトクリームも要チェック!

季節のフルーツを使った冷たいスイーツは、まさにインスタ映え必至のフォトジェニックスイーツです。

 

 

また、「ハム&ゴー」はお食事系のメニューも豊富なカフェです。10時からオープンしているため、観光地へ行く前に朝食を取ったり、ちょっと小腹が空いたときに寄ったりするのもオススメ。

ちなみに、全てのメニューがテイクアウトできます。

 

 

「ハム&ゴー 香林坊アトリオ店」へは、金沢駅からバスで10分と少し。

バス停「香林坊 (アトリオ前)」から2分ほど歩いた辺りにある商業施設「香林坊アトリオ」の地下1階にあります。

香林坊エリアには居酒屋やバーといったオシャレなナイトスポットもたくさんありますので、香林坊の近くに泊まって夜は女子会♪なんてプランもオススメです。

 


基本情報

店名:ハム&ゴー香林坊アトリオ店

住所:石川県金沢市香林坊1-1-1アトリオB1F

▶︎お店の情報はこちらから


 

【3】旬のフルーツを楽しめる「PÂTISSERIE OFUKU 」

 

最後に紹介するのは、「PÂTISSERIE OFUKU(パティスリーオフク)」です。

老舗の和菓子店として営業していた「お婦久軒(おふくけん)」がパティスリーに生まれ変わり、現在では和菓子と洋菓子の両方を楽しめるお店として人気があります。

4代目の店主は、東京の有名ホテルで修行を積んだ実力派パティシエなのだそう。

 

 

季節が移り変わるのと同じように、日ごと、週ごとにショーケース内のメニューが変わります。

短いものだと、1日だけのレアなメニューもあるのだとか。

何と、夏にはソフトクリームやかき氷も登場します!

 

 

果物をふんだんに使った「べにほっぺミルク」や「白桃ミルク」のほか、老舗和菓子店だったからこそ味わえる「宇治金時」も人気です。

お店は1階がパティスリー、2階がカフェとなっていて、おひとりさま女性でも1人で立ち寄りやすい雰囲気。

 

 

1階で購入したケーキやドリンクは、店員さんが2階まで運んでくれます。風景が楽しめる大きな窓も、魅力の1つです。

パティスリーには、マカロンやショコラ、コンフィチュールといったテイクアウト品も置いてあります。

中でも珍しいのが、季節のフルーツを使ったマカロン。

 

 

食材の味わいを大切にしているパティスリーだからこそ、マカロンもフルーツ感たっぷり!自分用のお土産にもピッタリですね。

PÂTISSERIE OFUKU」は21世紀美術館から歩いてすぐの場所にあり、金沢駅からはバスでも行けます。

バスで行く場合は、「広坂・21世紀美術館駅」で降りた後、2分ほど歩けば到着です。かわいいてんとう虫の看板が目印。

 

 

和菓子と洋菓子の両方を楽しめ、「見た目だけでなく味も最高!」と定評のある「PÂTISSERIE OFUKU」

金沢旅行で兼六園や21世紀美術館、金沢城公園などへ行く予定がある人は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 


基本情報

店名:PÂTISSERIE OFUKU(パティスリーオフク)

住所:石川県金沢市広坂1-2-13

▶︎お店の情報はこちらから

金沢に泊まるならここがオススメ!▶ ホテル日航金沢


※2019年6月24日現在の情報です。※画像はイメージです。

▶︎JTBで金沢へ行くなら

 

 

 

 

top