マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report

軽井沢

夏の軽井沢でインスタ映え!別荘族も通う人気スポット4選

夏の軽井沢でインスタ映え!別荘族も通う人気スポット4選

今年も猛暑の日本列島...どこか涼しい場所に避難したい!

そんな時はぜひ、東京から新幹線で約1時間の高原リゾート軽井沢へ。

軽井沢は、明治時代より政財界の重鎮や文化人たちが次々に別荘を構え、日本随一の避暑地として発展。今なお人気の観光地です。

由緒ある別荘地はもちろん、新規オープンのお洒落なカフェまで。

軽井沢在住ライターが、インスタ映え間違いなしの人気スポットをご紹介します。

【1】思わず感嘆のため息が出ちゃう!『セゾン現代美術館』

 

まず最初にご紹介するのは…
100年の歴史を誇る軽井沢千ヶ滝別荘地内にある『セゾン現代美術館」

 

こちらの美術館は20世紀前半の巨匠の作品から、日本気鋭の作家の最新作まで。幅広く収集展示されており、非常に見応えがあります。

そして私がオススメしたいのは、美術館展示のアートもさることながら…こちらの、素晴らしい庭園なんです!

 

 

広大な敷地に、ハート型をした葉っぱが美しいカツラの木が、夏の日差しを反射してキラキラと輝いて…。
清々しい空気を思いっきり吸い込むと、心が洗われるような気持ちになります。

 

軽井沢駅からは車およそ15〜20分、最寄りの中軽井沢駅からも車で約10分。
決してアクセスが良いとはいえない場所にあるため、ハイシーズンでも混雑を避けられ、ゆっくり観光できるところもおすすめ。

 

美術館横には『カフェ ヤマアラシ』も併設されており、広々としたテラス席で、ゆっくりお茶を飲むのも素敵です。
ちなみに私は、こちらの麻婆豆腐が特にお気に入り^^

 


【基本情報】

施設名:セゾン現代美術館

住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140

アクセス:軽井沢駅から車で15〜20分

美術館の情報はコチラをチェック▶ 公式ウェブサイト


 

【2】瀟洒な一軒家カフェで優雅な朝食を...『CAFE B KARUIZAWA』

2019年春にオープンしたばかり。
“グルメ通り”として知られる軽井沢・塩沢通りに誕生した一軒家カフェです。

誰かの別荘に遊びに来たような、緑に囲まれたこのオシャレな外観が可愛い!

実はこちらのカフェ、塩沢通りを挟んで向かいにあるアンティークショップ『ベルリネッタ軽井沢』がプロデュースしているんです。
そのため店内はアンティーク調の家具が飾られ、とっても優雅な雰囲気になっています。

 

そして…こちらのカフェ、フレンチレストランで腕をふるっていたシェフが作るモーニングが、ボリューム満点でとっても美味しい!

このボリュームで、なんとお値段1,500円!
採れたての新鮮野菜を使ったサラダはもちろん、信州産きのこのポタージュや、エッグスラットが絶品。
リピートのお客様が絶えないと言うのも納得です。

こちらのカフェの利用は、一般客ももちろん可能なのですが、向かいにある『ホテル ベルリネッタ軽井沢』の宿泊客が優先となります。

そのためハイシーズンの週末、特に8時〜9時の時間帯は混雑が予想されます。事前に電話連絡をしてから伺う方が安全かもしれません。

 


【基本情報】

店名:CAFE B KARUIZAWA

住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉737-2

アクセス:軽井沢駅から車で10〜15分

美術館の情報はコチラをチェック▶ 公式ウェブサイト


 

【3】まるで秘密の花園...♡美しい花々に癒される『軽井沢レイクガーデン』

続いてご紹介するのは…まるで秘密の花園のような場所。

豊かな水をたたえるレマン湖を中心に、8つのエリアが広がる広大なナチュラルガーデン『軽井沢レイクガーデン』です。

アーチをくぐってお庭を進んでいくと…四季折々に様々なお花が咲き誇る、広大なガーデンが広がっています!

こちらはぜひ、夏の朝、まだ涼しい時間帯に訪れて、ゆっくり散策をしながら、丁寧に手入れされた花々を見て回って欲しいです。

 

ガーデン内は、どこもかしこもフォトスポット。
ただし、写真に夢中になるあまり、マナー違反をしないように注意が必要です。

園内の案内表示をしっかり守り、立入禁止区域には足を踏み入れないように
外からはわからなくても、土の下にはガーデナーが大事に大事に育てていらっしゃるお花が植えられています。

ガーデン内には、レストラン『ブラッセリー ナカガワ』やガーデンカフェ『イレブンシス ティールーム』もあり、美しい庭園を眺めながら食事を楽しむこともできちゃいます。

 


【基本情報】

施設名:軽井沢レイクガーデン

住所:長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン

アクセス:軽井沢駅から車で5〜10分

美術館の情報はコチラをチェック▶ 公式ウェブサイト


▶︎南軽井沢周辺のおすすめホテルを見る

 

【4】コーヒー片手に旧軽散策『KARUIZAWA COFEE COMPANY』

 

軽井沢に来たら欠かせない観光スポット “旧軽井沢銀座商店街”
昔から別荘族に愛され続けるベーカリーやブティックが軒を連ねる商店街ですが、毎年夏になると新しいお店も次々にオープンします。

中でもオススメなのが、テニスコート通りにこの春登場した『KARUIZAWA COFEE COMPANY STAND』

イケメンのオーナーが、オシャレなスリーブのついたカップに、一杯ずつ丁寧にドリップしたコーヒーを淹れてくださいます。

こちらのカップを手に持って旧軽銀座を散策…なんて、オシャレじゃないですか♩

暑い今の季節は、水出しアイスコーヒーも人気の様子。
ドリンクのほか、見た目は白いのにコーヒー味のソフトクリームもあって、そちらもオススメです^^

 


【基本情報】

店名:KARUIZAWA COFFEE  COMPANY STAND

住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢739-1(テニスコート通り)

アクセス:軽井沢駅から車で5分、徒歩20分程度

美術館の情報はコチラをチェック▶公式ウェブサイト


▶︎旧軽銀座周辺のおすすめホテルを見る

※2019年8月18日現在の情報です。
※画像はイメージです。

 

 

▶︎JTBで軽井沢へ行くなら

この記事を書いた人

安本由佳(ライター / PR)

19歳から15年間の東京生活を経て、2015年に夫婦+トイプードル♀で軽井沢に完全移住。
軽井沢でのライフスタイスタイルや観光情報を自身のHPやSNSで発信し、別荘地やホテル、カフェ等のPRを手がける。
その他、東京のリアルを発信するメディア『東京カレンダーWEB』にて週2〜3本の連載(小説 / エッセイ)を担当するなど、フリーランスのライター&PRとして活動。
HP:安本由佳オフィシャルサイト
IG :@yuka__yasumoto

 

 

 

top