マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report Taiwan

台湾

台北以外の都市も行ってみよう!台湾リピーターにおすすめの旅行スポット!【後編】

台北以外の都市も行ってみよう!台湾リピーターにおすすめの旅行スポット!【後編】

日本から飛行機で約3時間で到着する台湾は、気軽に行ける海外として人気の旅行先となっています。
一度台湾を訪れると、温かな台湾の人やおいしい台湾グルメに魅了され、1年に数回台湾を訪れる台湾リピータ―も年々増加しています。
台北はほぼ回りつくしたという台湾ツウにもおすすめしたい、台北以外の都市を紹介します。ぜひ足を伸ばして台湾全土の都市を巡ってみましょう!前編に続き、魅力的なさらに紹介します!

【1】阿里山の玄関口 歴史と文化の街「嘉義」(Chiayi)

台湾南部に位置する嘉義(Chiayi)は、早期に開拓された土地とあり、長い歴史と文化がある街として知られます。
また台湾の有名観光地「阿里山」への玄関口となっています。台北から嘉義へは新幹線を利用して1時間30分ほどで到着します。

近年、嘉義が注目を集めるようになったのは、2014年に放映された台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」の影響も少なくありません。日本統治時代に「嘉義農林学校」が甲子園に出場した実話に基づくストーリーです。嘉義を訪れる前にはぜひ映画「KANO」もチェックしてみてください。

嘉義には歴史ある寺や廟、建築物がたくさんあり、観光をしながら巡るのもおすすめです。
さらに嘉義の美食も忘れてはいけません。嘉義で有名なグルメには「火雞肉飯」(七面鳥肉のせご飯)や、「沙鍋魚頭」というフライにした魚に野菜などを煮込んだスープをかける料理などがあります。

【2】台湾の大自然の魅力を満喫「花蓮」(Hualien)

台湾の東側に位置する花蓮(Hualien)は、台北から国内線飛行機利用で約30分、または台湾鉄道の特急を利用し約3時間で到着します。
海と山に囲まれた自然の景色が魅力の都市です。

花蓮で最も有名な観光地と言えば「太魯閣溪谷」です。

大理石の山々の壮大な景色に圧倒され、大自然のパワーを肌で感じられます。観光客も多い場所ですが、落石も多く危険もあり、必ずヘルメットを着用をして散策してくださいね。

花蓮は山だけでなく、海辺のの景色も雄大で、その綺麗な青い海の様子は思わず言葉を失うほどです。
台湾の東側の海は波が高く荒々しい様子もありますが、花蓮の海の美しさは一度見たら忘れられないほどです!

【3】最新アミューズメントと客家文化を体験「新竹」(Hsinchu)

「台湾のシリコンバレー」と呼ばれる新竹(Hsinchu)は、台湾最大のテクノパークがあり、世界的にも有名なIT企業の関連会社などが数多くあります。
台湾最先端のテクノロジー基地であると共に、新竹は歴史や文化スポットとしても注目を集める場所です。
台北から新幹線を利用して約30分、他にも高速バスなどを利用しても便利です。

新竹には客家人が多く住んでおり、台湾の中でも客家文化の特色が濃い場所でもあります。
客家人は明から清の時代にかけて中国大陸から移民してきた人たちで、台湾では比較的山間部に多く居住地を持ちました。客家語や客家料理など独自の文化を持ち、さらに長い歴史の中で台湾古来の文化と融合し、「台湾客家」というさらなる新しい文化を生み出しています。
新竹の「北埔」という街は客家の街として有名です。

 

伝統文化も息づく新竹ですが、台湾最大級のアミューズメントパーク「六福村」も人気の観光スポットです。
六福村に付属するホテル「レオフー リゾート グアンシー (関西六福荘 生態渡假会館)」は世界でもめずらしい動物園一体型ホテルとなっており、ホテルの中庭にはキリンやしまうまなどの動物がいます。
また館内のアクティビティでワオキツネザルにエサをあげる体験などもあり、ファミリートリップにもおすすめのスポットです!

▶︎「レオフー リゾート グアンシー (関西六福荘 生態渡假会館)」をチェック!

 

 

【4】魅力的な観光工場の数々「桃園」(Taoyuan)

桃園(Taoyuan)は台湾最大の空の玄関口「桃園国際空港」がある場所としてもよく知られています。
2017年には台北駅と桃園市内を結ぶ「桃園メトロ」も開通し、アクセスがさらに便利になりました。

桃園は多くの工場を持つエリアでもあり、その特色を活かし観光工場が一番多い街としても知られます。

菓子メーカーやロボットなどの観光工場がありますが、特におすすめしたいのは「太平洋自行車 Pacific Cycles」の企業博物館です。
自転車の歴史を学べたり、最新型自転車の試乗もできます。自転車メーカーで有名な「GIANT」も台湾の企業で、台湾はトップクラスの自転車産業を持っています。台湾を訪れたら自転車にちなんだ観光をするのもいいですね。

 

桃園は台湾北部の蓮の産地としても有名で、見ごろは夏です。蓮の鑑賞だけでなく、蓮料理を楽しめるレジャー農園もたくさんあります。さらに「大王蓮」という種類の蓮の葉は浮力が強く、人が乗ることもできます。
蓮の葉に乗る体験は、桃園の夏の大人気アクティビティの1つです。

 

【5】台湾最南端のビーチリゾート「墾丁」(Kenting)

台湾でビーチアクティビティを楽しみたいという人におすすめなのは台湾最南端の街、墾丁(Kenting)です。
台北からは新幹線で高雄まで、さらに高雄から車で約2時間の場所にあります。

墾丁は台湾を代表するビーチリゾートで、白い砂浜と透き通るような青い海が美しいです。
欧米の観光客からも人気のリゾート地でレジャーホテルも立ち並び、異国情緒も濃く、他の都市とは違った雰囲気があります。

墾丁のシンボルともなっている「鵝鸞鼻燈台」は、1881年に建設された台湾最南端の灯台です。
日本統治時代には灯台の建つ丘の上からの眺める海の景色が「台湾八景」に数えられたこともありました。

墾丁に来たらぜひ訪れたいスポットです!


▶︎台湾女子旅の宿泊にぴったりな「台北ガーデンホテル」をチェック!

 


※2019年10月9日現在の情報です。 ※画像はイメージです。

 

台湾リピータ―さんにもおすすめしたい都市を紹介しました。
台湾旅行はいつも台北ばかりという人も、ぜひ足を伸ばして台湾全土の都市を巡ってみてはいかがでしょうか?

▶︎JTBで台湾へ行くなら!

 

この記事を書いた人

石井 三紀子
 
台湾人との結婚により2011年より台北在住。
ライターや台湾情報を伝えるブロガーとして幅広く情報を発信。
休日には街歩きをして台湾の最新トレンド&グルメ情報を欠かさずチェック。
top