サポーターズレポート
  • 国内
  • 国外
出雲

パワースポット、グルメ、温泉を楽しむ出雲“よくばり”女子旅

更新日:2017年5月9日

東京から飛行機で約1時間半、うたた寝する暇もないほどあっという間に到着するのが島根県出雲縁結び空港! 出雲大社【写真上】をはじめとした数々の歴史的なパワースポットだけでなく、雄大な自然に恵まれている出雲は、美味しい食材も温泉もあり、女子にはかなり魅力的なスポットなんです。電車やバスは不便なので、できればレンタカーを使うのがおすすめ。今回は、2泊3日でも大満足のおすすめスポットを厳選してご紹介します。

【1】 出雲大社で良縁祈願したら、名物の出雲そば&ぜんざいを

出雲でまず訪れたいスポットと言えば、縁結びの神様として知られる出雲大社。もちろん通常の神社と同じように、良縁などのご祈祷もお願いすることができます。出雲大社の祭神である大国主(おおくにぬし)がうさぎを助けた『因幡(いなば)の白兎』伝説から、境内の中には可愛らしいうさぎの像【写真上】が点在。さまざまな姿や表情を見せるうさぎたちは、とても可愛らしくてつい写真を撮りたくなっちゃう! 出雲大社周辺にたくさんいるので、お気に入りの一匹を見つけてみてくださいね。お参りの後は、出雲大社正門前の「そば処 田中屋」で名物の出雲そばと縁結びそばぜんざい【写真下】を。ハート型のそば白玉入りで、身も心もほっこりできますよ♡

出雲大社

〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東195
TEL:0853–53–3100
URL:http://www.izumooyashiro.or.jp/

【2】 歴女必見!? 日本三大湖城のひとつ松江城と絶品鯛めし

出雲から宍道湖(しんじこ)沿いをずっと東に行った先には、松江市のシンボル松江城【写真上】。明治時代初頭に廃城令によって存城処分になったものの、一部が有志によって国から買い戻され、今や国宝に指定されている天守が残ったという逸話があります。歴史的資料を見ながら、急な階段を頑張って上っていくと、松江市内が一望できる天守に到着。オープンな空間で少し足がすくみますが、眺めは最高!

観光してお腹がすいたら、近くにある島崎藤村など錚々たる文人が利用した、『皆美館(みなみかん)』で名物の鯛めしを【写真上】。細かくほぐした鯛と、裏ごしした卵白と卵黄、海苔などをごはんにのせて、特製のお出汁をかけていただきます。日本庭園越しの宍道湖が見える窓際の特等席なら、ひときわ美味!

松江城

〒690-0887 島根県松江市殿町1-5
TEL:0852-21-4030
URL:https://www.kankou-matsue.jp/kokuho_matsuejo/

【3】 明治時代の趣が残る興雲閣(こううんかく)でティータイム

松江城のすぐそばにあり、明治36年に明治天皇の行在所として作られた興雲閣(こううんかく)【写真上】は、装飾や彫刻を多く用いているとても豪華な建物。

明治文化を物語るようにカーペットと畳、両方が使用されたユニークな和洋折衷スタイルや、2階バルコニー【写真上】から松江市街を見て楽しむことができます。

歩き疲れたら、館内にあるカフェ『亀田山喫茶室』で休憩を。窓からの光あふれる店内は居心地が良く、島根産苺を使用したショートケーキ【写真上】など、食欲をくすぐるメニューが並びます。レトロな空間で、優雅にティータイムはいかが?

興雲閣

〒690-0887 島根県松江市殿町1-59 松江城山公園内
TEL:0852-61-2100
URL:http://www.matsue-tourism.or.jp/kounkaku/

【4】 八重垣神社で恋の予感♡

良縁を求める人におすすめなのが八重垣神社【写真上】。ここは、八岐大蛇(やまたのおろち)の話で知られる素盞鳴尊(すさのおのみこと)と稲田姫命(いなたひめのみこと)が主祭神で、夫婦となった二人にちなんで縁結びにご利益があることで有名です。

拝殿横を進むと美しい稲田姫命が姿を映したという『鏡の池』がありますが、移動前に社務所で占い用紙をいただくのを忘れずに! これを池に浮かべて【写真上】“沈み方”を見ることで、良縁占いができます。すぐに沈めば近い将来に出会い、浮かべた場所付近で沈めば自分の近くにいる人を指すとか。

八重垣神社

〒690-0035 島根県松江市佐草町227
TEL:0852-21-1148

【5】 神秘の力を閉じ込める“願い石”と街歩きが楽しい玉造温泉

玉造温泉街近くの温泉と勾玉の神様を祀る玉作湯神社は、“願い石叶い石”がある場所としてガイドブックなどで紹介。社務所で授けられる“叶い石”を、願いを込めながら境内の“願い石”【写真上】に触れさせるとパワーが移り、自分だけのパワーストーンになるそうです。ひとつひとつ色柄が異なるポチ袋つきで、“私専用”と思うと愛着がわきますよね。

そしてかつて“神の湯”と言われ、化粧水代わりになるほど潤い成分が豊富な玉造温泉に浸かれば、もっとキレイになれそう。オシャレなおみやげ屋さん【写真上】やオブジェが街中にあるので、歩いているだけで楽しいスポットです。

勇気のある人は、玉造温泉街にあるお土産ショップ『よけいなお世話 玉造』で購入できる、名物のしじみサイダー【写真上】にトライ!

玉作湯神社

〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造522
TEL:0852-62-0006
URL:http://www.tama-onsen.jp/negaiishikanaiishi

【6】 手軽な日帰り温泉&おみやげは『ゆーゆ』が便利!

「玉造温泉の宿には泊まってない……でも温泉に入りたい!」「地元ならではのおみやげが買いたい!」という人には、懐かしい雰囲気漂う『ゆーゆ』。朝10時から夜10時(途中休憩あり)まで、大人410円で温泉を楽しめちゃうんです♪ 1階には大きなおみやげ屋さんもあり、地元の野菜や特産品を売るコーナーも。自宅で玉造温泉を楽しめる入浴剤【写真上】も購入できるのですが、帰って使ってみたら大ヒット! オイルが入っていないのに、オイルコーティングしたようなしっとり感がやみつきに♡ ぜひお試しあれ!

玉造温泉 ゆ〜ゆ

〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造255
TEL:0852-62-1000
URL:http://www.tama-yuuyu.com/8.html

【7】 空港で買うのを忘れないで! ご当地『バラパン』

旅も終わりに近づいて寂しい気分……そんなときは出雲縁結び空港の搭乗待合室内で買えるご当地パン『バラパン』がおすすめ! 60年以上のロングセラーを誇り、ふわふわ食感のパンと優しい甘さのクリームが大人気で、バタークリーム入りのノーマルと大人味のコーヒークリーム、小倉クリームが入った和風の3種類を購入できます。完売必至なので、見つけたら即購入がルール。バラパンを食べながら、機内や自宅でおみやげ話に花を咲かせるなんて最高! 帰ってからも楽しませてくれる出雲は、女子をたくさん喜ばせてくれる神様がいるのかも知れませんね♡

BLUE SKY ゲートショップ

〒699-0551 島根県出雲市斐川町沖洲2633-1(出雲縁結び空港内2階国内線搭乗待合室内1番ゲート横)
TEL:0853-72-6979
URL:http://bluesky.jalux.com/izo/

周防 美佳

2003年よりフリーライターとして活動。パリ在住時は現地で取材・ライティングなどを担当。現在は帰国し女性向けメディア等で活躍中。