マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report MOYA

インスタグラマーMOYA

親子の絆が深まる“旅育”のススメ #2

親子の絆が深まる“旅育”のススメ #2

こんにちは。MOYAです。

よく”子連れでオススメの国はどこですか?”というご質問をいただくことがあります。

今回は私的子連れで行くオススメの国をご紹介していきたいと思います。

まず、子連れ海外旅行をするにあたり、何を重要視するかによって行く場所も変わってくると思います。

渡航時間、コスト、子供の遊び場、ホテル、食事・・・

色々子連れというだけで何を重要視したらいいのか悩んでしまいますね。

私が初めて子連れ旅行で行ったのはオーストラリアでした。子供が7ヶ月の頃です。

友達と一緒に行こう!というところから始まったので何を重要視するかなんて悩むことなく

ほとんどノリで行ったのですが、訪れたオーストラリアは子連れに最適でした!

具体的にどんなところが良かったのかご紹介していきますね^^

 

ファミリーにオススメの国内旅行はコチラ

 

時差なしのおかげで親子の負担を軽減!


 

オーストラリアには日本との時差がほとんどありません。

オーストラリアは広いのでエリアによって時差が異なりますが±2時間程度です。

そこが子連れオーストラリアの最大の魅力かもしれません。

飛行機の中での過ごし方や時差ボケについての質問も多いですが、

オーストラリアは夜出発が多いので日中、通常通り過ごして、子供を疲れさせてから搭乗します。

すると、飛行機の中ではいつもの夜寝る時間なので、すんなりと寝てくれて着く頃には日本時間の朝です。

それだけでもフライト時間の悩みが少し解決できませんか?

(フライト中の過ごし方などはまた改めてご紹介しますね)

飛行機に緊張して寝てくれないこともあるかもしれませんが、到着して時差ボケがないのもありがたいです。

空港に到着したらそのまま遊びに出かけましょう!

 

ファミリーにオススメの海外旅行はコチラ

子供も大人も楽しめる遊び場がいっぱい!


 

オーストラリアは大人も子供も遊べるスポットがいっぱい!

特にわざわざ子供の遊び場に行かなくても大人も一緒に楽しめる場所が多いです。

私がよく行くオーストラリアのバイロンベイはゴールドコーストから車で片道1時間。

行き方はバスやuberなどありますが、レンタカーをしてゴールドコーストから車で行くのが一番スムーズ。

バイロンベイは元々ヒッピーの聖地であり、街全体がアーティスティックで時間にゆったりしていて

とても心地いい空気が流れています。

メインビーチの周りは砂浜だけでなく、芝生が敷かれており、その周りには遊具もあり、子連れの家族が親子でのびのびと楽しめるスポットです。

また、オーストラリアはオーガニック大国でバイロンベイはビーガンやベジタリアンの人たちも多いのが特徴的です。

地元で作られた野菜を出しているお店も多く、子供にも優しいレストランが点在しています。

バイロンベイからの夕日はとても綺麗で感動します。

初めて訪れたのは子供を妊娠中の時でしたが、そこからバイロンの虜になり、今も年に数回訪れます。

 

 

バイロンベイから少し車を走らせたところにあるブランズウィッグというエリアには、

このような遊具が川のほとりにあります。

川のほとりは芝生になっていて、大人はそこでのんびり過ごし、時には踊り笑、子供は遊具で遊びます。

日本の公園だと、なかなか親子どちらも遊べるという場所はあまりないですよね。

 

他にもこちらはInstagramでも紹介しましたが、子供の遊べる場所がすぐそばにあるカフェ。

日本にも最近少しずつ増えてきていますが、子供の遊び場はあるけれどご飯も子供向けだったり、

大人も子供も楽しめるカフェはまだまだ少ないように感じます。

オーストラリアではショッピングをしていても子供のおもちゃが店内に置いてあるお店が多いです。

日本ではいろんな商品を子供が触っていると少し店員さんの目が痛かったりしますが、

母親がショッピング中は店員が一緒に子供と遊んでくれるといった時もあります。

ママにはとてもありがたいですよね。とにかく子供に優しい大人が多いです。

 

大人も子供も楽しめるバイロンベイ。

成田空港から約9時間でゴールドコーストに到着。そこから車で1時間で到着します。

子連れ海外旅行で行き先をお悩みの方は是非一度行かれてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回は別テーマで11月頃を予定しています。お楽しみに!

 

この記事を書いた人


 

 

MOYA
@moyamoya2121     instagram 93,000フォロワー

雑誌「GENIC」のプロトラベラーを経て、現在はアパレルブランド「CAVEZA ROSSO(カベサ ロッソ)」のクリエイティブディレクターとして活躍。

プライベートでは一児の母でありながら、旅の素晴らしさやステキな空気感がある日常を垣間見れるインスタグラムは、圧倒的な人気を誇る。

 

 

top