マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report

MOYA

旅の思い出が10倍ステキに!オシャレ写真の撮り方レクチャー #1

旅の思い出が10倍ステキに!オシャレ写真の撮り方レクチャー #1

こんにちは、MOYAです。

すっかり日本は気持ちのいい季節になりましたね。

気候が良い時期は国内で温泉旅行でもしたいなという気分になります。

せっかく旅行に行くならオシャレなフォトジェニック写真や記憶に残る写真を撮りたいですよね✨

ということで今回は海外旅行に限らず、国内旅行でもご活用いただける、

旅の思い出が10倍ステキになる!オシャレな写真の撮り方について

2回に分けて、レクチャーさせていただければと思います!

是非、日常生活でも写真を上手く撮るコツが少しの工夫でできるので読んでいただけると嬉しいです^^

使っているカメラはどんなもの・・・??

 

私のお仕事はファッションブランドのディレクターが主ですが、写真撮影のお仕事依頼も頂くこともあります。

フォトグラファーのご依頼時はカメラを使用しています。

カメラはずっとCanon派でEOS-M10を長く愛用していましたが、今はKiss Mを愛用しています。

Kiss Mの特徴はKissシリーズの中で唯一のミラーレスで比較的軽い!そしてwifiでスマートフォンに簡単にシェアできます。

カメラ慣れしていない方にも使いやすいと思います。

ただ、日常や海外でのプライベート撮影では子供が生まれてからはなかなかカメラで撮る機会が減ってしまいました。

やはり、カメラはいくら軽くても荷物にはなりますし子供の笑顔を“今”撮りたい!と思っても

レンズの蓋をあけて、電源つけて、フォーカス調整して。。とやっていると子供は目の前からいなくなっていたり、もう最高な瞬間は終わっていて全然違う顔になっていたりします。笑

小さい子供は特に一瞬しか撮影のタイミングを与えてくれない為、いつからかスマートフォンメインの撮影が増えてしまいました。

よく、Instagramでも『カメラなに使っていますか?』とご質問をいただきますが、ほとんど最近はiPhone(xsmax)です。

実際に今のスマートフォンはカメラ顔負けのクオリティー写真が撮れます。

先日、写真の撮り方についてのイベントに出席したのですが、同じようなお仕事をされている方、

なんと全員が最近はスマホで撮影されているということでした!

これには私も正直びっくりしました。みなさん良いカメラで撮影されていると思っていたので。

それほど今のスマホは画質もクオリティーも良くなっているということですね。

実際にピントを合わせられたり、ズームでの撮影、セルフタイマーなどカメラでしかできなかったようなこともできる高性能なスマホがほとんどです。

そして画面もカメラより大きいサイズで確認できるのでより写真が撮りやすいのです。

というわけで今回は“スマホでも後世に残したくなるお洒落な写真撮影のヒント”をご紹介させてください。

 

 

カメラ撮影といったら横長でしょ?はもう古い?

“シャッター押してもらえます?”

と旅先や外出先でお願いすると半分以上の方がスマホを横に向けてシャッターを押してくれます。

そんなときは“ありがとうございます!縦でもお願いできますか?”

と私はお願いします。良かれと思って横長で撮影してくれたことは間違い無いのですが、私は絶対縦長推しです。

撮った写真はInstagramにupすることが多いため、縦写真を撮っていただくことがマストです。

横長でもInstagramはupできますが、海外のインフルエンサーや日本のインスタグラマーはほとんど縦写真、または正方形の写真をupしています。

もちろん横長をupされる方もいます!

フォトグラファーさんだったり献立をupしている方だったりそれぞれ見せ方の目的をもってupされている方が横長で統一されています。

横長は横長で素敵な世界観が出るのですが、圧倒的に縦長で投稿されている方が多いです。

なぜこんなにも縦長の写真をポストする人が多いのか。

これはわたしの感覚ですが、まず縦長だと通常投稿のフィードをスワイプしているとき横長写真よりも滞在時間がほんの少しですが長いのです。(少しマニアックではありますが)

 

実際に縦長と横長のポストのスクリーンショットです。

スワイプしていくとほんの少し縦長の方が滞在時間が長いですよね。

そしてもう一つ、縦長は写真のダイナミックさがあり、見ている人も“お、いいね!”と思う写真が多い。

そして横だと余計なものや人が写りこんでしまうことも多い。

これらが縦長で投稿される理由かなと思います。

(もちろん縦では明らかに全員写らない集合写真や海岸など横長にしないと写らない場合は横でも撮影してもらってくださいね!)

 

ファミリーにオススメの国内はコチラ

 

シャッターは一回きりではなく何度も押して!

旅先でも記念撮影でカメラ撮影をお願いするときは縦で撮って欲しいとお願いしますが、

“シャッター何回か押してください~”とお願いします。

(実際にこんなに代わり映えのない写真を何枚も撮ってもらっています笑)

それは単純に撮れば撮るほど写真の選択肢が広がるからです。

一枚しかシャッターを押さないのが当たり前の方も多いですが、

最近は若い女の子にお願いすると縦横、寄り引き、シャッター連打とフルコースで撮ってくださる方が多くいます。

きっと選択肢が多い方が良い写真が撮れてる可能性が高い!というご好意があるのだと思います^^

一回しかシャッターを押してもらえなかったら、その一度だけのチャンスで自分がどれだけ良い顔ができているのか、目は瞑っていないか、子供がいる場合は一度のチャンスだけで良い写真が撮れているのはかなりの確率です。

シャッターを何度押してもらってもお金はかかりません。是非勇気を出してお願いしてみてください!

 

光が命!撮りたい写真は晴れた日がマスト!

“素敵な写真を撮るコツはありますか?”

とよく聞いていただくことが多いのですが、一番はやはり“光”です。もう光に限ります!笑

光がないと、せっかくのタイミングや絶景で写真を撮影しようと思っても素人ではそこまで良い写真を撮ることは難しいのです。。

なので旅先などで良い写真を撮影したい時は晴れた日がマスト!

または晴れの多い地域(ハワイやLAなど)を選ぶしかありません。

国内でもお仕事で写真撮影をする際は必ず晴れた日に撮影します。

そして、時間帯も大切でブツ撮りをするのであれば晴れた午前中が最適です。

午後の14時頃も撮影しやすいですが、少し暗くなってしまうのでやはり午前中に撮影は済ました方が良きかと思います。

また、正午は日が出ていて撮影向きかと思われがちなのですが、

太陽が一番てっぺんにあり、光が強すぎて、コントラストも強いため、あまり撮影には向きません。

人物撮影などは午前中、昼下がり、夕方がオススメです◎

ちなみにこちらは14時頃に撮影したもの。

影が少し傾いていて個人的には好きな光です^^

 

ファミリーにオススメの海外旅行はコチラ

 

写真撮影に“正解”はありません

ここまで色々ポイントをご紹介してきましたが、写真撮影に正解はないのです。

横で撮影しても一眼レフで撮影しても曇りの日に撮影してもどれもきっと個性ある写真が撮れます!

せっかくの旅行なので、いろんな制限をかけて写真撮影にとらわれず、

ゆったりとした時間を過ごしながら、素敵な写真ライフを楽しんでください💓

次回は少し応用編で撮影した写真を少し加工してオシャレに素敵な写真に変身させていきたいと思います!

 

 

MOYA
@moyamoya2121     instagram 93,000フォロワー

雑誌「GENIC」のプロトラベラーを経て、現在はアパレルブランド「CAVEZA ROSSO(カベサ ロッソ)」のクリエイティブディレクターとして活躍。

プライベートでは一児の母でありながら、旅の素晴らしさやステキな空気感がある日常を垣間見れるインスタグラムは、圧倒的な人気を誇る。

 

 

top