マイトリ

マイトリ公式instaglam

JTB

Supporters Report MOYA

インスタグラマーMOYA

旅の楽しさ倍増!おすすめ旅コーデ -リゾート編-

旅の楽しさ倍増!おすすめ旅コーデ -リゾート編-

こんにちは、MOYAです。

これまで親子旅のススメや写真の撮り方について綴ってきましたが、

第三弾の今回はMOYA流 旅のコーディネート術』についてご紹介していきたいと思います。

私の本業は"CAVEZAROSSO"というレディースアパレルブランドのディレクターなのですが、

いつもお洋服の企画をするにあたり、常に念頭に置いていることは『旅で着たくなるような洋服づくり』です。

元々、インスタグラムには旅行の写真を沢山載せてました。

その際によくコメントでご質問を頂くのが『どこのワンピースですか?』だったり

『その服かわいいです!』というような内容のものでした。

元々洋服が大好きなので、色んな国へ行って、様々はシチュエーションで

その場に合った服を着て写真を撮りたいなと思っています。

そのせいもあって、旅行の時は宿泊数よりも多めの洋服を持っていきます。

トランクケースの中身はほぼ服!!

旅行用の服選びに夢中になってしまい、肝心なものを忘れていってしまうことも多々あります。。笑

そんな私がどんなコーディネートをよくするか、

おすすめコーディネートなどをビーチ編・シティ編に分けてご紹介していきたいと思います。

まずは得意のビーチ編からスタート!

 

その前にトラベルパッキングについてご紹介しますね。

トラベルポーチのおかげで億劫なパッキングも楽しく?!

旅行前は妄想でワクワクが止まりませんよね。

でもひとつ私の中で億劫なのが旅支度。

旅先で着る洋服選びは楽しいのですが、そのあとのパッキングがとても苦手です。。

どう収納したら一番スマートか、重量オーバーは大丈夫か、嵩張るものをどう持っていくか。

重い腰をあげて毎度毎度やっております。

でも、トラベルポーチを使い始めてからはパッキングが楽チンに。

下着や水着、ワンピースやパンツなどを全てパッキングポーチに入れてしまうだけで、

嵩張らず、トランクケースを開けた際にポロポロ出てこなくて収納しやすいです◎

 

あとよくご質問いただく、ハットの収納は型崩れ防止のため自分で被っていくことが多いですが、

荷物に入れられる際は帽子を逆さまにして隙間部分を洋服や荷物で埋めていくようなイメージでパッキングをしています。

ファミリーにオススメの国内はコチラ

行き先がリゾートのmust haveは万能ワンピース

リゾート地では日焼けしたりプールに入ったり海水浴をしたり楽しみが盛り沢山。

リゾート地に行く際は必ずワンピースは複数持っていきます。

特に麻素材のシワになっても気にならないワンピースはとても重宝します。

マキシ丈のワンピースを一枚持っていくと水着に着替えたりする際、割とどこでも着替えられるのでとても使い勝手が良いです。

 

リゾート地といえば欠かせないのが、、

リゾート地に行くときのマストアイテムは“swimwear”!!

水着はパッキングの早い段階でしっかりと入れます。

絶対忘れてはいけないアイテム。

水着に関しても宿泊数以上に枚数を持っていきます。

下着代わりにも使えますし、ワンピースなどのインナー代わりにも使えます。

個人的には今季はまたビキニタイプが私の中では気分です◎

cavezarossoswimwearは腰回りの余計なお肉をパンツに入れ込むことができるように作られているのでおすすめです♡

リゾート地に映えるアイテムは可愛いビーチマット

ワンピースと水着が入っていればok!!

もう一つ映えアイテムを持っていくとすればビーチマット

ビーチマットがオシャレなだけで撮れる写真の可愛さも変わってきます♡

一枚あると写真はもちろん、ビーチでのお昼寝や着替えなどに重宝するのでとてもオススメです。

是非自分のお気に入りの一枚を見つけてみて!

ファミリーにオススメの海外旅行はコチラ

 

MOYA
@moyamoya2121     instagram 93,000フォロワー

雑誌「GENIC」のプロトラベラーを経て、現在はアパレルブランド「CAVEZA ROSSO(カベサ ロッソ)」のクリエイティブディレクターとして活躍。

プライベートでは一児の母でありながら、旅の素晴らしさやステキな空気感がある日常を垣間見れるインスタグラムは、圧倒的な人気を誇る。

top